積み木の家

的確に修理するために

家と傘

屋根または外壁が原因

雨漏りは、屋根の劣化が原因となっていることが多いのですが、外壁の劣化が原因という場合もあります。というのも住宅は、全体が防水シートで覆われているのですが、その防水シートを守っているものが、屋根と外壁だからです。そのため屋根や外壁が劣化すれば、防水シートが守られにくくなります。すると、穴があいたり破れたりすることで、そこから雨水が住宅内に入り込んでくることになるのです。そのため雨漏り修理では、屋根だけでなく外壁もチェックすることになります。適切な雨漏り修理をおこなうためには、住宅のどの部分の防水シートに問題があるのかを、しっかりと確認する必要があるのです。確認後は、防水シートはもちろん、それを保護することができなかった屋根や外壁の補修もおこなうことになります。

それぞれの修理方法

雨漏り修理は具体的には、まずは防水シートの補修からおこなわれます。穴があいている場合にはそれを塞ぎ、大きく破れている場合には新しい防水シートと交換するのです。その後、それをしっかりと守ることができるように、屋根や外壁を補強します。屋根の場合は、屋根材の亀裂によって防水シートがむき出しになることが多いので、その屋根材を撤去して新しいものを取りつけます。外壁の場合は、つなぎ目が開くことで防水シートが露出するので、そのつなぎ目をコーキングによって塞ぎます。また、どちらの雨漏り修理の場合でも、完了後に塗装がおこなわれることがあります。屋根材や外壁を弾性のある塗料で覆っておけば、亀裂が入りにくくなることで、再度の雨漏りが防がれやすくなるのです。