積み木の家

電気代を安くする住宅選び

一軒家

太陽光発電付きの分譲住宅を購入すると、初期の時点から自家発電装置が付いているため電気代がお得です。毎月の電気代を何もしなくても安くすることが出来るため、ソーラーパネル付きの分譲住宅が人気を集めています。太陽光発電の装置が付いている分譲住宅では、発電装置について詳しく知らなくても太陽光発電を手軽に活用する事ができます。発電装置について細かいこだわりなどがなければ、分譲住宅で太陽光発電付きの物件を探してみましょう。確認しておきたいポイントとしては、月ごとにどれほど発電を行う事ができるのかについて発電機の数値データだけでもチェックをしておきましょう。購入前に大まかな発電電力量を計算する事ができます。電気使用料金は1kwh=25円として換算すると、毎月どれぐらいの電気代を節約することができるのかがわかりやすくなります。

太陽光発電を有効に活用するポイントとして、蓄電池を追加で設置するとより効率良く発電を行う事ができるため検討してみましょう。蓄電池は後から追加する事ができる部品ですが、念のためソーラーパネルのメーカーに問い合わせてみましょう。ソーラーパネルから発電した電力を一旦蓄えておく事が出来るのが蓄電池の役割です。自宅でたくさん発電して、余った電気を使い切ってしまわないのはもったいないものです。他の家庭で使ってもらって売電する事もできますが、可能であれば自宅内で活用しきってしまった方がお得なのです。蓄電池は家庭内で電気を使っていない時間帯に電力を蓄えておく事ができる装置です。蓄電池に電気が溜まっている間は無料で電気を使い続ける事ができ、使い方によっては発電していない夜間でも自宅の電気を使い続ける事が可能です。